"宅建士"

NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月13日

宅建士 自主練 2018年11月13日 土地 (398) 土地に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。1地すべり地の多くは、地すべり地形と呼ばれる独特の地形を呈し、棚田などの水田として利用されることがある。2谷出口に広がる扇状地は、地...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月12日

宅建士 自主練 2018年11月12日 業務上の規制 (34) 次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、誤っているものはどれか。1宅地建物取引業者が、自ら売主として、宅地及び建物の売買の契約を締結...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月11日

宅建士 自主練 2018年11月11日 不動産質権・抵当権 (10) ①不動産質権と②抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。1①では、被担保債権の利息のうち、満期となった最後の2年分についてのみ担保される...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月10日

宅建士 自主練 2018年11月10日 借地借家法 (410) 現行の借地借家法の施行後に設定された借地権に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。1借地権の当初の存続期間中に借地上の建物の滅失があった場合で、借...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月09日

宅建士 自主練 2018年11月09日 連帯債務・連帯保証 (455) AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月08日

宅建士 自主練 2018年11月08日 借地借家法 (62) AはBと、B所有の甲建物につき、居住を目的として、期間3年、賃料月額20万円と定めて賃貸借契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結した。この場合における次の記述のう...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月07日

宅建士 自主練 2018年11月07日 営業保証金 (227) 宅地建物取引業者の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。1宅地建物取引業者は、不正の手段によ...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月06日

宅建士 自主練 2018年11月06日 消滅時効 (402) Aは、Bに対し建物を賃貸し、月額10万円の賃料債権を有している。この賃料債権の消滅時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、`誤っているものはどれか。1Aが、Bに対...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月05日

宅建士 自主練 2018年11月05日 不当景品類及び不当表示防止法 (496) 宅地建物取引業者が行う広告等に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約の規定を含む。)によれば、正しいものはどれか...
NO IMAGE 宅建士

宅建士 自主練 2018年11月04日

宅建士 自主練 2018年11月04日 不動産質権・抵当権 (10) ①不動産質権と②抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。1①では、被担保債権の利息のうち、満期となった最後の2年分についてのみ担保される...