第二種電気工事士 自主練 2019年03月12日

第二種電気工事士 自主練 2019年03月12日

一般問題 (4)

電線の接続不良により,接続点の接触抵抗が0.2Ωとなった。この電線に15Aの電流が流れると,接続点から1時間に発生する熱量[kJ]は。

ただし,接触抵抗の値は変化しないものとする。

11
45
72
162

一般問題 (26)

使用電圧100 V の低圧電路に,地絡が生じた場合0.1秒で自動的に電路を遮断する装置が施してある。この電路の屋外にD種接地工事が必要な自動販売機かおる。その接地抵抗値a[Ω]と電路の絶縁抵抗値b[MΩ]の組合せとして,「電気設備に関する技術基準を定める省令」及び「電気設備の技術基準の解釈」に適合していないものは。

a: 600 b: 2.0
a: 500 b: 1.0
a: 100 b: 0.2
a: 10 b: 0.1

一般問題 (28)

電気工事士法において,第二種電気工事工免状の交付を受けている者であっても従事できない電気工事の作業は。

自家用電気工作物(最大電力500 kW 未満の需要設備)の低圧部分の電線相互を接続する作業
自家用電気工作物(最大電力500 kW 未満の需要設備)の地中電線用の管を設置する作業
一般用電気工作物の接地工事の作業
一般用電気工作物のネオンエ事の作業

一般問題 (11)

低圧電路に使用する定格電流が20Aの配線用遮断器に25Aの電流が継続して流れたとき,この配線用遮断器が自動的に動作しなければならない時間[分]の限度(最大の時間)は。

20
30
60
120

配線図 (88)

⑧で示す部分の最少電線本数(心線数)は。

配線図

2
3
4
5

正答

一般問題 (4)
一般問題 (26)
一般問題 (28)
一般問題 (11)
配線図 (88)