介護福祉士 自主練 2019年03月12日

介護福祉士 自主練 2019年03月12日

認知症の理解 (82)

血管性認知症(vascular dementia)の危険因子として、最も適切なもの1つ選びなさい。

認知症(dementia)の家族歴
甲状腺機能低下症(hypothyroidism)
頭部外傷の既往
メタボリックシンドローム(metabolic syndrome)
ダウン症候群(Down’s syndrome)

介護の基本 (519)

社会福祉法人が設置・運営する、指定介護老人福祉施設のリスクマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

サービス提供時に事故が発生した場合、損害賠償は市町村が行う。
事故のリスクを減らすために、利用者の飲酒・喫煙を禁止する。
事故後に家族に連絡・報告した書類を、インシデント報告書という。
職員のプライバシーに配慮して、職員名は事故の記録に残さない。
事故が発生した場合、速やかに家族に連絡する。

生活支援技術 (415)

介護が必要な利用者の口腔(こうくう)ケアの方法として、適切なもの1つ選びなさい。

ベッド上で実施する場合、仰臥位(ぎょうがい)(背臥位(はいがい))にする。
全部床義歯(総入れ歯)の場合、上からはずす。
ブラシの部分が大きく硬い歯ブラシを選ぶ。
うがいができる場合、ブラッシング前にうがいをする。
舌苔(ぜったい)は残さず取り除く。

介護の基本 (517)

地域包括支援センターに関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

高齢者にかかわるボランティアや民生委員などと連携する。
介護福祉士が配置されることになっている。
各種介護保険サービスを包括的に提供する。
要介護高齢者にかかわるケアマネジメント業務を行う。
小学校区ごとに設置されることになっている。

介護過程 (311)

介護過程の目的に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

多職種がそれぞれ異なる最終目標を持つこと
1回限りの介護をすること
利用者のニーズに応じた根拠のある個別ケアをすること
家族が望む利用者の生活を実現すること
介護福祉職の業務の効率を優先すること

正答

認知症の理解 (82)
介護の基本 (519)
生活支援技術 (415)
介護の基本 (517)
介護過程 (311)