ITパスポート 自主練 2019年03月11日

ITパスポート 自主練 2019年03月11日

ストラテジ系 (213)

我が国における,社会インフラとなっている情報システムや情報通信ネットワークヘの脅威に対する防御施策を,効果的に推進するための政府組織の設置などを定めた法律はどれか。

サイバーセキュリティ基本法
特定秘密保護法
不正競争防止法
マイナンバー法

マネジメント系 (447)

サービス提供者が行う活動のうち,稼働率の向上に有効なものはどれか。

応答時間の計測
障害発生の監視
組織で使用しているサーバ構成の管理
プログラムの修正履歴の記録

マネジメント系 (437)

情報システムで管理している機密情報について,ファシリティマネジメントの観点で行う漏えい対策として,適切なものはどれか。

ウイルス対策ソフトウェアの導入
コンピュータ室のある建物への入退館管理
情報システムに対するIDとパスワードの管理
電子文書の暗号化の採用

テクノロジ系 (293)

仮想移動体通信事業者(MVNO)が行うものとして,適切なものはどれか。

移動体通信事業者が利用する移動体通信用の周波数の割当てを行う。
携帯電話やPHSなどの移動体通信網を自社でもち,自社ブランドで通信サービスを提供する。
他の事業者の移動体通信網を借用して,自社ブランドで通信サービスを提供する。
他の事業者の移動体通信網を借用して通信サービスを提供する事業者のために,移動体通信網の調達や課金システムの構築,端末の開発支援サービスなどを行う。

テクノロジ系 (377)

セキュリティリスクへの対応には,リスク移転,リスク回避,リスク受容,リスク低減などがある。リスク移転に該当する事例はどれか。

セキュリティ対策を行って,問題発生の可能性を下げた。
問題発生時の損害に備えて,保険に入った。
リスクが小さいことを確認し,問題発生時は損害を負担することにした。
リスクの大きいサービスから撤退した。

正答

ストラテジ系 (213)
マネジメント系 (447)
マネジメント系 (437)
テクノロジ系 (293)
テクノロジ系 (377)