3級FP 自主練 2019年03月01日

3級FP 自主練 2019年03月01日

タックスプランニング (290)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けるためには、取得等しか家屋の床面積が( ① )以上で、かつ、その( ② )以上に相当する部分が専ら自己の居住の用に供されるものでなければならない。
1)① 50㎡   ② 2分の1
2)① 50㎡   ② 5分の4
3)① 60㎡   ② 5分の4

1
2
3

相続・事業継承 (330)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
取引相場のない株式の相続税評価において、類似業種比準方式における比準要素には、「1株当たりの配当金額」「1株当たりの利益金額」「1株当たりの純資産価額」がある。

相続・事業継承 (206)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
書面によらない贈与は、既に履行が終わった部分を含めて、各当事者が撤回することができる。

相続・事業継承 (59)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定の適用を受けた場合、配偶者の取得する財産の価額が、相続税の課税価格の合計額に対する配偶者の法定相続分相当額、あるいは(   )までのいずれか多い金額までであれば、原則として、配偶者の納付すべき相続税額はないものとされる。
1)1億2,000万円
2)1億6,000万円
3)1億8,000万円

1
2
3

相続・事業継承 (178)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
平成28年中に開始しか相続において、相続人が被相続人の配偶者、実子2人、特別養子縁組以外の縁組による養子2人の計5人である場合、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額は、(   )である。
1) 4,800万円
2) 5,400万円
3) 6,000万円

1
2
3

正答

タックスプランニング (290)
相続・事業継承 (330)
相続・事業継承 (206) ×
相続・事業継承 (59)
相続・事業継承 (178)