第二種電気工事士 自主練 2019年02月18日

第二種電気工事士 自主練 2019年02月18日

配線図 (89)

⑨で示す部分は引掛形のコンセントである。その図記号の傍記表示として,正しいものは。

配線図

T
ET
EL
LK

一般問題 (180)

電気用品安全法の適用を受ける次の電気用品のうち,特定電気用品は。

定格電流20Aの漏電遮断器
消費電力30Wの換気扇
外径19 mmの金属製電線管
消費電力40Wの蛍光ランプ

一般問題 (21)

使用電圧200 V の三相電動機回路の施工方法で,不適切なものは。

湿気の多い場所に1種金属製可とう電線管を用いた金属可とう電線管工事を行った。
乾燥した場所の金属管工事で,管の長さが3mなので金属管のD種接地工事を省略した。
造営材に沿って取り付けた600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルの支持点間の距離を2m以下とした。
金属管工事に600Vビニル絶縁電線を使用した。

一般問題 (61)

金属管工事において,絶縁ブッシングを使用する主な目的は。

電線の被覆を損傷させないため。
金属管相互を接続するため。
金属管を造営材に固定するため。
電線の接続を容易にするため。

一般問題 (169)

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形1.6 mmを使用した低圧屋内配線工事で,絶縁電線相互の終端接続部分の絶縁処理として,不適切なものは。
ただし,ビニルテープはJISに定める厚さ約0.2 mmの絶縁テープとする。

リングスリーブにより接続し,接続部分を自己融着[生絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半蔀i以上傲れて1回(2層)巻き,更に保護テープ(厚さ約02 mm)を判冨以上重ねて1回(2層)巻いた。
リングスリーブにより接続し,接続部分を黒色粘着壯ポリエチレン絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて2回(4層)巻いた。
リングスリーブにより接続し,接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
差込形コネクタにより接続し,接続部分をビニルテープで巻かなかった。

正答

配線図 (89)
一般問題 (180)
一般問題 (21)
一般問題 (61)
一般問題 (169)