第二種電気工事士 自主練 2019年02月13日

第二種電気工事士 自主練 2019年02月13日

一般問題 (19)

低圧屋内配線工事で, 600Vビニル絶縁電線 (軟銅線)をリングスリーブ用圧着工具とリングスリーブ(E形)を用いて接続を行った。接続する電線に適合するリングスリーブの種類と圧着マーク(刻印)の組合せで,適切なものは。

直径1.6 mm 1本と直径2.0 mm 1本の接続に,小スリーブを使用して圧着  マークを小にした。
直径2.0 mm 2本の接続に,小スリーブを使用して圧着マークを○にした。
直径1.6 mm 4本の接続に,中スリーブを使用して圧着マークを中にした。
直径1.6 mm 2本と直径2.0 mm 1本の接続に,中スリーブを使用して圧着マークを中にした。

一般問題 (169)

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形1.6 mmを使用した低圧屋内配線工事で,絶縁電線相互の終端接続部分の絶縁処理として,不適切なものは。
ただし,ビニルテープはJISに定める厚さ約0.2 mmの絶縁テープとする。

リングスリーブにより接続し,接続部分を自己融着[生絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半蔀i以上傲れて1回(2層)巻き,更に保護テープ(厚さ約02 mm)を判冨以上重ねて1回(2層)巻いた。
リングスリーブにより接続し,接続部分を黒色粘着壯ポリエチレン絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて2回(4層)巻いた。
リングスリーブにより接続し,接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
差込形コネクタにより接続し,接続部分をビニルテープで巻かなかった。

配線図 (40)

⑩で示す部分の電路と大地間の絶縁抵抗として,許容される最小値[MΩ]は。

配線図

0.1
0.2
0.4
1.0

一般問題 (79)

電気工事士法において,一般用電気工作物に係る工事の作業でa,bともに電気工事士でなければ従事できないものは。

a:配電盤を造営材に取り付ける。
b:電線管を曲げる。
a:地中電線用の管を設置する。
b:定格電圧240 V の電力量計を取り付ける。
a:電線を支持する柱を設置する。
b:電線管に電線を収める。
a:接地極を地面に埋設する。
b:定格電圧125 V の差込み接続器にコードを接続する。

配線図 (236)

⑥で示す図記号の名称は

配線図

漏電遮断器(過負荷保護付)
漏電警報器
モータブレーカ
配線用遮断器

正答

一般問題 (19)
一般問題 (169)
配線図 (40)
一般問題 (79)
配線図 (236)