介護福祉士 自主練 2019年02月03日

介護福祉士 自主練 2019年02月03日

介護の基本 (274)

通所介護(デイサービス)に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

事業者による非常災害対策訓練の実施は、任意である。
事業者は、正当な理由なくサービスの提供を拒んではならない。
サービスの内容等を記載した通所介護計画の作成は、任意である。
短期入所生活介護と訪問介護(ホームヘルプサービス)を組み合わせなければならない。
日常生活の自立を助けるために、専門職による理学療法や作業療法を行わなければならない。

介護の基本 (280)

感染対策に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

下痢・嘔吐(おうと)が続く介護福祉職は、マスクをして業務を行う。
汚れが目に見える場所を消毒することが、感染症予防に有効である。
モップを使う床掃除の場合は、乾いたモップで汚れを拭き取る。
手袋を着用していれば、排泄物(はいせつぶつ)や嘔吐物(おうとぶつ)を触った後の手洗いを省略してもよい。
固形石鹸(こけいせっけん)よりも液体石鹸(えきたいせっけん)の方が望ましい。

認知症の理解 (85)

Dさん(75歳、男性)は、介護福祉職のEさんの近所に3年前に引っ越してきた。Dさんは引っ越してきた時から一人暮らしである。最近、Dさんは、「米が盗まれてしまって、夕飯が作れなくて困っている。米を貸してほしい」と、夕方、Eさんの家をたびたび訪ねるようになった。Dさんの家族は海外赴任中の息子家族だけだと、以前Dさんから話を聞いたことがある。Eさんは息子と一度も会ったことはない。
 EさんがDさんについて相談する機関として、最も適切なもの1つ選びなさい。

福祉事業所
地域活動支援センター
居宅介護支援事業所
認知症疾患医療センター
地域包括支援センター

コミュニケーション技術 (31)

Lさん(75歳、女性)は、介護老人施設に入所している。中等度のアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)と診断されて、担当のM介護福祉職(男性)を、既に亡くなった自分の夫であると認識している。何か心配なことがあると、M介護福祉職を探しだして、「お父さん聞いて・・・」と不安そうな表情で話してくる。
 不安そうな表情で話すLさんへの、M介護福祉職の対応として、最も適切なもの1つ選びなさい。

女性職員に対応してもらうように伝える。
夫は既に亡くなっていることを伝える。
Lさんの話に耳を傾ける。
おしぼり畳みの軽作業を依頼する。
忙しくて手が離せないことを伝える。

社会の理解 (6)

現在の日本の雇用に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

終身雇用型の正規雇用はなくなった。
正規雇用も非正規雇用も、雇用保険の加入率に差はない。
65歳以上の者の就業率は2011年(平成23年)以降減少している。
非正規雇用の割合は、全雇用者数の3分の1を上回っている。
パート・アルバイトの割合は、非正規雇用労働者数の30%を下回っている。

正答

介護の基本 (274)
介護の基本 (280)
認知症の理解 (85)
コミュニケーション技術 (31)
社会の理解 (6)