介護福祉士 自主練 2019年01月31日

介護福祉士 自主練 2019年01月31日

社会の理解 (264)

知的障害のあるDさん(40歳、男性)は、就労移行支援事業所を利用して、現在、U株式会社に勤務している。ある時、就労移行支援事業所に勤務するE介護福祉職は、Dさんから、職場で上司から虐待(ぎゃくたい)を受けているという相談を受けた。
 E介護福祉職の対応として、最も適切なもの1つ選びなさい。

我慢して職場を辞めないように助言した。
警察に通報した。
地域包括支援センターに報告した。
Dさんの勤務先がある市町村に通報した。
U株式会社に出向いて、虐待(ぎゃくたい)をやめるように申し入れた。

医療的ケア (237)

経管栄養に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

栄養剤の栄養素は、胃から吸収される。
栄養剤の注入速度が速いと、下痢を起こすことがある。
経管栄養によって、口腔内(こうくうない)の細菌は減少する。
経管栄養で、誤嚥(ごえん)を起こすことはない。
食道への栄養剤の逆流が生じることはない。

社会の理解 (502)

介護保険法に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

法の施行前は、国が高齢化対策に関しての計画を策定することはなかった。
家族の自助努力による介護の推進を基本としている。
保険給付は、介護給付と予防給付の2種類である。
国民の共同連帯の理念に基づくものである。
介護サービスの提供主体を社会福祉法人に限定している。

社会の理解 (506)

「障害者虐待防止法(しょうがいしゃぎゃくたいぼうしほう)」に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。
(注) 「障害者虐待防止法(しょうがいしゃぎゃくたいぼうしほう)とは、「障害者虐待(しょうがいしゃぎゃくたい)の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

対象となる虐待(ぎゃくたい)の範囲は、身体的虐待(しんたいてきぎゃくたい)、心理的虐待(しんりてきぎゃくたい)及び性的虐待(せいてきぎゃくたい)の3種類とされている。
市町村は、虐待(ぎゃくたい)に対応するために地域活動支援センターを設置することが義務づけられている。
家族による虐待(ぎゃくたい)に対しては、市町村が通報を受理して、身体障害者更生相談所または知的障害者更生相談所が対応することとされている。
施設サービスでの従事者による虐待(ぎゃくたい)は対象となるが、障害者の雇用主による虐待(ぎゃくたい)は対象外とされている。
医療機関の管理者は、医療機関を利用する障害者に対する虐待(ぎゃくたい)を防止するために必要な措置を講ずることとされている。

こころとからだのしくみ (595)

高齢者の睡眠の特徴として、適切なもの1つ選びなさい。

夜間の睡眠時間が長くなる。
ノンレム睡眠の時間が増える。
中途覚醒(ちゅうとかくせい)が多くなる。
眠りが深くなる。
早朝覚醒(そうちょうかくせい)が少なくなる。

正答

社会の理解 (264)
医療的ケア (237)
社会の理解 (502)
社会の理解 (506)
こころとからだのしくみ (595)