3級FP 自主練 2019年01月28日

3級FP 自主練 2019年01月28日

リスク管理 (99)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
所得税において、個人事業主が、自己の所有する店舗の火災によって建物に損害を受け、火災保険から受け取った保険金は、(   )となる。
1)非課税
2)一時所得として課税対象
3)事業所得として課税対象

1
2
3

リスク管理 (216)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
生命保険契約を申し込んだ者がその撤回を希望する場合、保険業法王、原則として、契約の申込日または契約申込みの撤回等に係る事項を記載した書面の交付日のいずれか遅いF]を含めて( ① )以内であれば、( ② )による申込みの撤回ができる。
1) ① 14日  ② 書面または口頭
2) ① 8日   ② 書面
3) ① 8日   ② 書面または口頭

1
2
3

タックスプランニング (350)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
所得税の確定申告をしなければならない者は、原則として、所得が生じか年の翌年の( ① )から( ② )までの間に、納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出しなければならない。
1) ① 2月1日    ② 3月31日
2) ① 2月16日    ② 3月15日
3) ① 2月16日    ② 3月31日

1
2
3

タックスプランニング (49)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
所得税において、(   )の金額(株式等に係るものを除く)の計算上生じた損失の金額は、他の所得の金額と損益通算することができる。
1)雑所得
2)事業所得
3)一時所得

1
2
3

相続・事業継承 (179)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
貸家の用に供されている家屋の相続税評価額は、()の算式により算出される。
1)家屋の固定資産税評価額X(1-借家権割合X賃貸割合)
2)家屋の固定資産税評価額X(1-借地権割合X賃貸割合)
3)家屋の固定資産税評価額X(1-借家権割合X借地権割合)

1
2
3

正答

リスク管理 (99)
リスク管理 (216)
タックスプランニング (350)
タックスプランニング (49)
相続・事業継承 (179)