ITパスポート 自主練 2019年01月15日

ITパスポート 自主練 2019年01月15日

テクノロジ系 (264)

0SS(Open Source Software)を利用することのメリットはどれか。

開発元から導人時に技術サポートを無償で受けられる。
ソースコードが公開されていないので,ウイルスに感染しにくい。
ソフトウェアの不具合による損害の補償が受けられる。
ライセンス条件に從えば,利用者の環境に合わせてソースコードを改変できる。

テクノロジ系 (461)

パスワードの長さが8文字で,各文字に使用できる文字の種類がM種類のとき,設定できるパスワードの総数を表す式はどれか。

8XM
8m
M8-1
M8

マネジメント系 (436)

社内で開発したソフトウェアの本番環境への導入に関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

開発したソフトウェアの規模によらず必ず導入後のシステム監査を行い,監査報告書を作成する必要がある。
ソフトウェア導入に当たっては,実施者,責任者などの実施体制を明確にしておく必要がある。
ソフトウェア導入は開発作業に比べて短期間に実施できるので,導入手順書を作成する必要はない。
ソフトウェア導入はシステム部門だけで実施する作業なので,作業結果を文書化して利用部門に伝える必要はない。

テクノロジ系 (468)

無線LANのネットワークを識別するために使われるものはどれか。

Bluetooth
ESSID
LTE
WPA2

マネジメント系 (347)

プロジェクトスコープマネジメントに関する記述として,適切なものはどれか。

プロジェクトが生み出す製品やサービスなどの成果物と,それらを完成するために必要な作業を定義し管理する。
プロジェクト全体を通じて,最も長い所要期間を要する作業経路を管理する。
プロジェクトの結果に利害を及ぼす可能性がある事象を管理する。
プロジェクトの実施とその結果によって利害を被る関係者を調整する。

正答

テクノロジ系 (264)
テクノロジ系 (461)
マネジメント系 (436)
テクノロジ系 (468)
マネジメント系 (347)