介護福祉士 自主練 2019年01月12日

介護福祉士 自主練 2019年01月12日

コミュニケーション技術 (405)

利用者と家族が対立しているとき、介護福祉職の初期の対応として、最も適切なもの1つ選びなさい。

両社がそれぞれの思いを語り合う場をつくる。
どちらが正しいのか、専門職としての判断を伝える。
他の家族の解決例を紹介する。
利用者の判断が間違っている場合、家族の判断を支持する。
専門職としての役割を果たすために、責任を持って一人で対応する。

障害の理解 (94)

適応機制の1つである「退行」に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

認めたくない欲求を心の中に抑え込もうとする。
欲求を価値の高い行為に置き換える。
適当な理由をつけて、自分を正当化しようとする。
発達の未熟な段階に後戻りして、自分を守ろうとする。
苦しくつらい現実から逃げることで、一時的に心の安定を求める。

社会の理解 (495)

Cさん(32歳)は、来月、出産を控えている。同居する夫(35歳)は、正規雇用の会社員である。Cさんは、訪問介護事業所で非常勤(週30時間勤務)の訪問介護員(ホームヘルパー)として勤務している。1年単位の契約期間を更新して、これまで3年間働いてきた。事業主からは、出産した後も仕事を続けてほしいと頼まれている。妊娠してから今までは仕事を継続してきたが、出産後は育児休業を取れないか検討している。
 「育児・介護休業法」に基づく、Cさんの育児休業などの取得に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。
(注) 「育児・介護休業法」とは、「育児休業、介護休業育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」のことである。

Cさんが取ることのできる育児休業期間は、最大で子どもが1歳になる前の月までである。
育児休業の終了予定日は、明らかにして申し出る必要がある。
育児休業は、Cさんの夫は取ることができない。
小学校就学前の子どもが病気になった場合に利用できる休暇制度はない。
雇用の継続とは関係なく、Cさんは育児休業を取ることができる。

生活支援技術 (184)

概日リズム(サーカディアンリズム(circadian rhythm))を回復させるための介護福祉職の関わりとして、最も適切なもの1つ選びなさい。

早朝に、高強度運動を行うように勧める。
起床後はカーテンを開けて、日光を浴びるように勧める。
夕食に、トリプトファン(tryptophan)を含む食事を提供する。
就寝前に、テレビを見たり、パソコンを使ったりすることを勧める。
平日の睡眠時間が短いときには、休日の「寝だめ」を勧める。

障害の理解 (337)

障害の権利に関する条約で、国際条約上初めて取り上げられた概念として、正しいもの1つ選びなさい。

完全参加と平等
ノーマライゼーション(normalization)
障害の予防
共生社会
合理的配慮

正答

コミュニケーション技術 (405)
障害の理解 (94)
社会の理解 (495)
生活支援技術 (184)
障害の理解 (337)