第二種電気工事士 自主練 2019年01月11日

第二種電気工事士 自主練 2019年01月11日

一般問題 (111)

アウトレットボックス(金属製)の使用方法として,不適切なものは。

金属管工事で電線の引き入れを容易にするのに用いる。
配線用遮断器を集合して設置するのに用いる。
金属管工事で電線相互を接続する部分に用いる。
照明器具などを取り付ける部分で電線を引き出す場合に用いる。

一般問題 (21)

使用電圧200 V の三相電動機回路の施工方法で,不適切なものは。

湿気の多い場所に1種金属製可とう電線管を用いた金属可とう電線管工事を行った。
乾燥した場所の金属管工事で,管の長さが3mなので金属管のD種接地工事を省略した。
造営材に沿って取り付けた600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルの支持点間の距離を2m以下とした。
金属管工事に600Vビニル絶縁電線を使用した。

一般問題 (171)

100/200Vの低圧屋内配線工事で,600Vビニル絶縁ビニルシースケーブルを用いたケーブルエ事の施工方法として,適切なものは。

防護装置として使用した金属管の長さが10mであったが,乾燥した場所であるので,金属管にD種接地工事を施さなかった。
丸形ケーブルを,屈曲部の内側の半径をケーブル外径の6倍にして曲げた。
建物のコンクリート壁の中に直接埋設した。(臨時配線工事の場合を除く。)
金属製遮へい層のない電話用弱電流電線と共に同一の合成樹脂管に收めた。

配線図 (134)

④で示す低圧ケーブルの名称は。

配線図

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形
600V架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル
600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形
600Vゴム絶縁クロロプレンシースケーブル

一般問題 (161)

電気工事の種類と,その工事で使用する工具の組合せとして,適切なものは。

金属線ぴ工事とボルトクリッパ
合成樹脂管工事とパイプペンダ
金属管工事とクリックボール
バスダクトエ事と圧着ペンチ

正答

一般問題 (111)
一般問題 (21)
一般問題 (171)
配線図 (134)
一般問題 (161)