介護福祉士 自主練 2019年01月11日

介護福祉士 自主練 2019年01月11日

総合問題 (489)

 次の事例を読んで答えなさい。
 〔事 例〕
 Lさん(45歳、男性)は30歳の頃(ころ)、統合失調症(schizophrenia)と診断された。両親と弟がいるが、関係が悪く、現在は両親の家の近くにアパートの一室を借りて住んでいる。
 精神状態が悪くなると、誰(だれ)かが襲ってくると思い込み、部屋から一歩も出ることができなくなる。その結果、部屋の中はゴミがいっぱいで、Lさんが寝る場所以外はゴミで埋められていた。
 心配した母親は相談支援専門員に状況を話した。相談支援専門員が、Lさんに障害支援区分の認定を受けてもらったところ、区分3と判定された。A訪問介護員が派遣されることになった。
 LさんはA訪問介護員が部屋に入ることは受け入れたが、家事の支援は受け入れなかった。A訪問介護員は粘り強くLさんの話を聞き、「Lさんのいる場所と私がいる場所ぐらいは作りたい」と伝えた。その結果、Lさんと一緒にゴミを少し片づけることができた。A訪問介護員は、Lさんの定期的な通院にも付き添うことができるようになった。Lさんは服薬もしっかりするようになってきた。
Lさんは移動のときに見守りが必要である。
 Lさんの定期的な通院に付き添うことが可能となるサービスとして、最も適切なもの1つ選びなさい。

居宅介護
同行援護
生活介護
自立訓練
療養介護

医療的ケア (110)

パルスオキシメータ(pulse oximeter)での測定に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

呼吸回数を測定できる。
体温を測定できる。
静脈血の酸素飽和度を反映している。
末梢(まっしょう)の血液循環が悪くても正確な値が出る。
健康な人の基準値は95~100%である。

社会の理解 (258)

2015年(平成27年)4月に施行された介護保険制度の改正内容として、正しいもの1つ選びなさい。

低所得者の保険料負担を引き上げた。
介護老人福祉施設の新規入所者を原則として要介護3以上の者にした。
予防給付の訪問介護(ホームヘルプサービス)・通所介護(デイサービス)を都道府県が実施する事業に移行した。
施設利用者の食費・居住費を補う補足給付の対象者を拡大した。
一定以上の所得のある利用者の事故負担割合を3割に引き上げた。

障害の理解 (465)

Dさん(38歳、女性)は知的障害があり、障害者支援施設で生活介護を受けながら生活している。ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)は自立しているが、家事や金銭管理に援助が必要な状況である。家族から経済的・精神的支援は期待できない。
 ある日、Dさんから、「仕事はできないけれど、ここから出て暮らしてみたい」という希望があり、検討することになった。
 Dさんの地域生活を実現するための支援として、最も適切なもの1つ選びなさい。

指定一般相談支援事業者の利用を勧める。
発達障害者支援センターに支援計画の作成を依頼する。
行動援護の支給申請を行う。
就労移行支援の利用を勧める。
地域包括支援センターに支援を要請する。

総合問題 (242)

次の事例を読んで答えなさい。
 〔事 例〕
 Kさん(88歳、男性)は、妻(82歳)と二人暮らしであった。5年前にアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)と診断された。1年ほど前から、会話がかみ合わなくなった。離れて暮らす一人息子のこともわからなくなり、「会社に行く」と外出して行方不明になることがあった。そのため、自宅での介護が困難で、半年前に認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居した。入居時は表情が険しく精神的に不安定で徘徊(はいかい)がたびたびみられた。しかし、事業所内で取り組んでいた回想法に参加すると、徘徊(はいかい)はみられなくなってきた。
 ある日の午後、「痛い、痛い」と繰り返しながら足を叩(たた)いて、床に座り込む様子が見られた。
Kさんが痛みを訴えて床に座り込んだ時点で、介護福祉職がとる対応として、最も適切なもの1つ選びなさい。

いつからどのように痛いのか、詳しく質問する。
全身の状態を観察する。
嘔気(おうき)の有無を質問する。
叩(たた)いている部位に湿布を貼る。
ベッド上で安静にしてもらう。

正答

総合問題 (489)
医療的ケア (110)
社会の理解 (258)
障害の理解 (465)
総合問題 (242)