ITパスポート 自主練 2019年01月10日

ITパスポート 自主練 2019年01月10日

テクノロジ系 (400)

拡張現実(AR)に関する記述として,適切なものはどれか。

実際に搭載されているメモリの容量を超える記憶空間を作り出し,主記憶として使えるようにする技術
実際の環境を捉えているカメラ映像などに,コンピュータが作り出す情報を重ね合わせて表示する技術
人間の音声をコンピュータで解析してディジタル化し,コンピュータへの命令や文字入力などに利用する技術
人間の推論や学習,言語理解の能力など知的な作業を,コンピュータを用いて模倣するための科学や技術

マネジメント系 (454)

システム監査人の行動規範を定めたシステム監査基準に関する説明として,適切なものはどれか。

システム監査業務の品質を確保し,有効かつ効率的に監査業務を実施するための基準を定めたものである。
システム監査において,情報システムの企画・開発・運用・保守というライフサイクルの中で,リスクを低減するコントロールを適切に整備,運用するための基準を定めたものである。
システム監査人が情報処理の現場での管理の適切性を判断するときの尺度として用いるための基準を定めたものである。
組織体が効果的な情報セキュリティマネジメント体制を構築し,適切なコントロールを整備して運用するための基準を定めたものである。

テクノロジ系 (78)

OSS (Open Source Software)であるWebブラウザはどれか。

Apache
Firefox
Linux
Thunderbird

テクノロジ系 (61)

情報セキュリティリスクへの対応には,リスク移転,リスク回避,リスク受容及びリスク低減がある。リスク受容に該当する記述はどれか。

セキュリティ対策を行って,問題発生の可能性を下げること
特段の対応は行わずに,損害発生時の負担を想定しておくこと
保険などによってリスクを他者などに移すこと
問題の発生要因を排除してリスクが発生する可能性を取り去ること

ストラテジ系 (133)

POSシステムやSCMシステムにJANコードを採用するメリットとして,適切なものはどれか。

ICタグでの利用を前提に作成されたコードなので,ICタグの性能を生かしたシステムを構築することができる。
画像を表現することが可能なので,商品画像と連動したシステムへの対応が可能となる。
企業間でのコードの重複がなく,コードの一意性が担保されているので,自社のシステムで多くの企業の商品を取り扱うことが容易である。
商品を表すコードの長さを企業が任意に設定できるので,新商品の発売や既存商品の改廃への対応が容易である。

正答

テクノロジ系 (400)
マネジメント系 (454)
テクノロジ系 (78)
テクノロジ系 (61)
ストラテジ系 (133)