2級FP 自主練 2019年01月09日

2級FP 自主練 2019年01月09日

ライフプランニングと資金計画 (303)

厚生年金保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

厚生年金保険の保険料は、被保険者の標準報酬月額および標準賞与額にそれぞれ保険料率を乗じて算出される。
被用者年金制度の一元化により、公務員である被保険者に係る厚生年金保険の保険料率は段階的に引き上げられ、会社員である被保険者に係る保険料率に統一されることになっている。
厚生年金保険の被保険者は、その適用事業所に常時使用される者であっても、65歳に達すると被保険者資格を喪失する。
産前産後休業期間中の厚生年金保険の被保険者に係る保険料は、所定の手続きにより、事業主負担分、被保険者負担分のいずれも免除される。

ライフプランニングと資金計画 (183)

全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

被保険者に生計を維持されている配偶者(後期高齢者医療の被保険者等を除く)は、年間収入が130万円未満、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満である場合、原則として協会けんぽの被扶養者となる。
一般保険料率は都道府県ごとに設定されているが、40歳以上65歳未満の被保険者の介護保険料率は全国一律に設定されている。
健康保険における標準報酬月額等級は、被保険者の報酬月額に基づき、50等級に区分されている。
健康保険の任意継続被保険者となるためには、健康保険の被保険者資格を喪失した日の前日まで継続して6ヵ月以上の被保険者期間がなければならない。

金融資産運用 (145)

株式の投資指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

PBRは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標である。
PERは、株価が1株当たり純資産の何倍であるかを示す指標である。
配当性向は、当期純利益に対する年間配当金の割合を示す指標である。
配当利回りは、総資産に対する年間配当金の割合を示す指標である。

金融資産運用 (84)

表面利率が0.9%、発行価格が額面100円当たり98円、償還年限が10年の固定利付債券を新規発行時に購入し、4年間保有して額面100円当たり98円80銭で売却した場合の所有期間利回り(単利)として、正しいものはどれか。なお、手数料、経過利子、税金等は考慮しないものとし、解答は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入するものとする。

0.71%
0.90%
1.00%
1.12%

リスク管理 (258)

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

所得補償保険は、ケガにより就業不能になった場合に被保険者が喪失する収入を補償する保険であり、病気により就業不能になった場合には保険金は支払われない。
特定(三大)疾病保障保険では、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中により所定の状態となり、特定疾病保険金を受け取った場合、当該保険契約は消滅する。
ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日数が定められており、支払限度日数を超えた入院に対しては入院給付金は支払われない。
医療保険では、退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から180日を超えた後に前回と同一の疾病により再入院した場合、入院給付金支払日数は前回の入院日数と合算され、1入院当たりの給付日数制限の適用を受ける。

正答

ライフプランニングと資金計画 (303)
ライフプランニングと資金計画 (183)
金融資産運用 (145)
金融資産運用 (84)
リスク管理 (258)