介護福祉士 自主練 2019年01月08日

介護福祉士 自主練 2019年01月08日

介護過程 (553)

介護計画の立案に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

今までの生活習慣は考慮しない。
実施方法は抽象的に表現する。
介護職の意向を優先する。
利用者と家族の意向を反映する。
計画の見直しの時期は決めない。

生活支援技術 (304)

排泄介護(はいせつかいご)に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

ベッドで尿器を使用する場合、ベッドの足元を上げる。
差し込み便器の開口部の中央に、仙骨が来るようにする。
テープ止めタイプの紙おむつの中に、尿取りパッドを複数当てる。
自己導尿を行う場合、座位姿勢で行えるように支援する。
トイレにL字手すりを設置する場合、横手すりは車いすの座面の高さに合わせる。

総合問題 (479)

 次の事例を読んで答えなさい。
 〔事 例〕
 Gさん(75歳、男性)は、妻と穏やかに暮らしていた。ドライブが趣味で妻が買い物に行くときは送り迎えをした。妻の買い物がない日には、いつも近くのUコミュニティセンター仲間たちと囲碁や将棋をしていた。
 そんなGさんが、半年前からUコミュニティセンターに行かない日が多くなり、家の中をうろうろしたり、妻に買い物に行く時間を何度も確認し、車の鍵(かぎ)を探しまわることが多くなった。2か月ほど前、買い物の後で家に帰る道が分からなくなり、同じ道を行ったり来たりしているので、妻が、「次の路地に入ってください」と言うと、「分かっとる」と大声を出した。家に到着すると、「今年は免許更新の年だ」と言った。心配した妻が、かかりつけのH医師にGさんの診察を依頼した。アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)と診断され、その後、要介護1と認定された。現在、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用し、妻は訪問介護員(ホームヘルパー)がいる間に買い物に出かけている。
妻は、Gさんのことが心配でなかなか自宅を空けることができない。
 妻が自宅から気軽に相談できる機関として、最も適切なもの1つ選びなさい。

高齢者生活福祉センター
地域活動支援センター
市町村保険センター
認知症コールセンター
認知症介護研究・研修センター

発達と老化の理解 (72)

老化に伴う感覚や知覚の変化に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

「1時(いちじ)」と「7時(しちじ)」のような似た音を聞き取ることが難しくなる。
暗さに目が慣れる能力よりも、まぶしさに目が慣れる能力が低下する。
味覚の低下は個人差が少ない。
高音域よりも、低音域の音が聞こえにくくなる。
通常の明るさよりも、薄暗い方がよく物が見える。

障害の理解 (217)

障害受容過程の「ショック期」に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

現実を実感することが難しい。
抑うつ反応を示す。
自らの努力が必要だと気づく。
他人に感情をぶつける。
障害を受け止めることができる。

正答

介護過程 (553)
生活支援技術 (304)
総合問題 (479)
発達と老化の理解 (72)
障害の理解 (217)