第二種電気工事士 自主練 2019年01月05日

第二種電気工事士 自主練 2019年01月05日

一般問題 (228)

電気工事士法において,第二種電気工事工免状の交付を受けている者であっても従事できない電気工事の作業は。

自家用電気工作物(最大電力500 kW未満の需要設備)の地中電線用の管を設置する作業
自家用電気工作物(最大電力500 kW未満の需要設備)の低圧部分の電線相互を接続する作業
一般用電気工作物の接地工事の作業
一般用電気工作物のネオンエ事の作業

一般問題 (178)

電気工事士の義務又は制限に関する記述として,誤っているものは。

電気工事土は,電気工事土法で定められた電気工事の作業に従事するときは,電気工事土免状を携帯していなければならない。
電気工事土は,電気工事土法で定められた電気工事の作業に従事するときは,電気設備に関する技術基準を定める省令に適合するようにその作業をしなければならない。
電気工事土は,住所を変更したときは,免状を交付した都道府県知事に申請して免状の書換えをしてもらわなければならない。
電気工事士は,電気工事の作業に電気用品安全法に定められた電気用品を使用する場合は,同法に定める適正な表示が付されたものを使用しなければならない。

配線図 (238)

⑧で示す部分の接地工事の接地抵抗の最大値と,電線(軟銅線)の最小太さとの組合せで,適切なものは。

配線図

300Ω
1.6 mm
500Ω
1.6 mm
300Ω
2.0 mm
600Ω
2.0 mm

一般問題 (71)

使用電圧100 Vの屋内配線の施設場所における工事の種類で,不適切なものは。

点検できない隠ぺい場所であって,乾燥した場所の金属管工事
点検できない隠ぺい場所であって,湿気の多い場所の合成樹脂管工事(CD管を除く)
展開した場所であって,湿気の多い場所のケーブルエ事
展開した場所であって,湿気の多い場所のライティングダクトエ事

一般問題 (153)

ビニル絶縁電線(単線)の抵抗と許容電流に関する記述として,誤っているものは。

許容電流は,周囲の温度が上昇すると,大きくなる。
許容電流は,導体の直径が大きくなると,大きくなる。
電線の抵抗は,導体の長さに比例する。
電線の抵抗は,導体の直径の2乗に反比例する。

正答

一般問題 (228)
一般問題 (178)
配線図 (238)
一般問題 (71)
一般問題 (153)