3級FP 自主練 2019年01月03日

3級FP 自主練 2019年01月03日

タックスプランニング (228)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
給与所得者が、30年間勤務した会社を定年退職し、退職金2, 000万円の支払を受けた。この場合、所得税の退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、(   )となる。なお、障害者になったことにより退職したものではない。
1)800万円+40万円X(30年-20年) =1,200万円
2)700万円+70万円X(30年-20年) =1,400万円
3)800万円+70万円X(30年-20年) =1,500万円

1
2
3

金融資産運用 (194)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
追加型の国内公募株式投資信託の収益分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は配当所得として所得税の課税対象となる。

相続・事業継承 (238)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
公正証書遺言は、証人( ① )以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がそれを筆記して作成される遺言であり、相続開始後に家庭裁判所における検認手続が( ② )である。
1)① 1人   ② 不要
2)① 2人   ② 必要
3)① 2人   ② 不要

1
2
3

不動産 (145)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
Aさんが、平成23年10月1剛こ購入した土地を平成28年10月1剛こ譲渡した場合、その譲渡による所得は、所得税における長期譲渡所得に区分される。

タックスプランニング (196)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
個人の株主(発行済株式総数の3%以上を有する大口株主を除く)が受ける上場株式等に係る配当等は、その金額の多寡にかかわらず、所得税の確定申告不要制度を選択することができる。

正答

タックスプランニング (228)
金融資産運用 (194) ×
相続・事業継承 (238)
不動産 (145) ×
タックスプランニング (196)