3級FP 自主練 2018年12月24日

3級FP 自主練 2018年12月24日

ライフプランニングと資金計画 (185)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
遺族厚生年金を受けることができる遺族の範囲は、被保険者等の死亡当時、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹である。

ライフプランニングと資金計画 (275)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資金利は( ① )であり、返済期間は母子家庭等の場合を除き( ② )以内となっている。
1)① 固定金利   ② 15年
2)① 変動金利   ② 18年
3)① 固定金利   ② 18年

1
2
3

相続・事業継承 (87)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
相続または遺贈により財産を取得した者が、相続開始の年において被相続人から贈与によって取得した財産については、原則として、相続税の課税価格に算入されるので、贈与税の課税価格には算入されない。

リスク管理 (276)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
生命保険契約者保護機構は、生命保険会社が破綻した場合、破綻時点における補償対象契約の(   )の90%(高予定利率契約を除く)まで補償する。
1)死亡保険金額
2)責任準備金等
3)既払込保険料相当額

1
2
3

ライフプランニングと資金計画 (272)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
老齢基礎年金の受給資格期間を満たすためには、保険料納付済期間、保険料免除期間等を合算した期間が(   )以上必要である。
1) 10年
2) 20年
3) 25年

1
2
3

正答

ライフプランニングと資金計画 (185) ×
ライフプランニングと資金計画 (275)
相続・事業継承 (87)
リスク管理 (276)
ライフプランニングと資金計画 (272)