3級FP 自主練 2018年12月07日

3級FP 自主練 2018年12月07日

不動産 (325)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
借地借家法第23条に規定される「事業用定期借地権等」は、専ら事業の用に供する建物の所有を目的とするものであり、居住の用に供する建物の所有を目的として設定することはできない。

タックスプランニング (287)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例(軽減税率の特例)は、譲渡しか( ① )において、その所有期間が( ② )を超えていなければ適用を受けることができない。
1)①日の属する年の1月1日 ② 20年
2)①日の属する年の1月1日 ② 10年
3)①日               ② 20年

1
2
3

不動産 (52)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
農地法の規定によれば、所有する農地を自宅の建築を目的として宅地に転用する場合、原則として都道府県知事等の許可を受けなければならないが、( ① )内にある一定の農地において、あらかじめ( ② )に届け出る場合は、この限りでない。
1)① 農業振興地域    ② 農業委員会
2)① 市街化区域     ② 農業委員会
3)① 市街化調整区域  ② 市町村長

1
2
3

不動産 (201)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
宅地の相続税評価の基礎となる路線価は、路線(道路)に面する標準的な宅地の1㎡当たりの価額である。

不動産 (54)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
土地・家屋に係る固定資産税の課税標準となる価格は、原則として、(   )ごと の基準年度において評価替えが行われる。
1)3年
2)5年
3) 10年

1
2
3

正答

不動産 (325)
タックスプランニング (287)
不動産 (52)
不動産 (201)
不動産 (54)