3級FP 自主練 2018年11月24日

3級FP 自主練 2018年11月24日

タックスプランニング (79)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
所得税において、老人扶養親族のうち、納税者またはその配偶者の直系尊属で、納税者またはその配偶者と常に同居している者(同居老親等)に係る扶養控除額は、63万円である。

相続・事業継承 (56)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
相続の放棄をしようとする者は、原則として、自己のために相続の開始があったことを知った時から( ① )以内に、その旨を( ② )に申述しなければならない。
1)① 3ヵ月   ② 所轄税務署長
2)① 3ヵ月   ② 家庭裁判所
3)① 4ヵ月   ② 所轄税務署長

1
2
3

相続・事業継承 (296)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
贈与税の配偶者控除の適用を受ける場合,暦年課税の適用を受けている受贈者がその年に贈与税の申告で課税価格から控除することができる金額は,基礎控除額も含めて最高(   )である。
1) 1,110万円
2) 2,000万円
3) 2,110万円

1
2
3

相続・事業継承 (59)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定の適用を受けた場合、配偶者の取得する財産の価額が、相続税の課税価格の合計額に対する配偶者の法定相続分相当額、あるいは(   )までのいずれか多い金額までであれば、原則として、配偶者の納付すべき相続税額はないものとされる。
1)1億2,000万円
2)1億6,000万円
3)1億8,000万円

1
2
3

不動産 (81)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
国土交通省の土地鑑定委員会が公示する公示価格は、毎年1月1日を価格判定の基準日としている。

正答

タックスプランニング (79) ×
相続・事業継承 (56)
相続・事業継承 (296)
相続・事業継承 (59)
不動産 (81)