2級FP 自主練 2018年11月17日

2級FP 自主練 2018年11月17日

ライフプランニングと資金計画 (9)

教育ローンおよび奨学金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資限度額は、学生・生徒1人につき、海外留学資金の場合を除き350万円である。
日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」は、主に親が申込人となるもので、成人していても学生本人が申し込むことはできない。
日本学生支援機構の貸与型奨学金には、無利息で貸与を受けられる「第一種奨学金」と、利息付(在学中は無利息)貸与の「第二種奨学金」がある。
日本政策金融公庫の「教育一般貸付(国の教育ローン)」と日本学生支援機構の奨学金は、重複して利用することが可能である。

不動産 (341)

不動産の登記に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

不動産の所有権の取得は、登記をしなければ、第三者に対抗することができない。
所有権移転の仮登記がされた不動産に対しては、抵当権設定登記をすることができない。
抵当権設定登記の登記記録は、権利部乙区に記録され、登記事項として債権額や抵当権者の氏名または名称などが記録される。
権利に関する登記の抹消は、登記上の利害関係を有する第三者がある場合には、当該第三者の承諾があるときに限り、申請することができる。

不動産 (283)

宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。

専任媒介契約の有効期間は、3ヵ月を超えることができず、これより長い期間を定めたときは、その期間は3ヵ月とされる。
一般媒介契約を締結した宅地建物取引業者は、依頼者に対し、当該契約に係る業務の処理状況を2週間に1回以上報告しなければならない。
宅地建物取引業者が、宅地または建物の貸借の媒介を行う場合、貸主・借主双方から受け取ることのできる報酬の合計額は、借賃の2ヵ月分が限度とされる。
宅地建物取引業者は、宅地建物取引士をして、宅地または建物の売買契約の締結後、遅滞なく買主に重要事項説明書の交付および説明をしなければならない。

不動産 (221)

不動産の価格に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

地価公示の公示価格は、毎年4月1日を価格判定の基準日としている。
都道府県地価調査の基準地の標準価格は、毎年1月1日を価格判定の基準日としている。
相続税路線価は、地価公示の公示価格の80%を価格水準の目安として設定されている。
固定資産税評価額は、原則として4年ごとの基準年度において評価替えが行われる。

不動産 (43)

不動産の売買契約における民法上の留意点に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

買主が売主に解約手付を交付した場合、買主が契約の履行に着手する前であれば、売主は、手付金を全額返還することにより契約の解除をすることができる。
売買の目的物に隠れた瑕疵があった場合、売主がその瑕疵について善意無過失であるときは、売主は、瑕疵担保責任を負わない。
売主の責めに帰すべき事由により、売買契約の目的物である不動産の引渡しに遅滞が生じた場合、買主は、催告をすることなく直ちに契約の解除をすることができる。
売買の目的物である建物が、売買契約締結後から引渡しまでの間に、水害等の天災により滅失した場合、売主は買主に対して、売買代金の請求をすることができる。

正答

ライフプランニングと資金計画 (9)
不動産 (341)
不動産 (283)
不動産 (221)
不動産 (43)