ITパスポート 自主練 2018年11月16日

ITパスポート 自主練 2018年11月16日

マネジメント系 (248)

システム開発プロジェクトにおいて,プ囗ジェクトマネージヤはプロジェクトメンバに対して,適切なコミュニケーションを取る必要がある。プロジェクトメンバとのコミュニケーションに関して考慮すべき事項として,適切なものはどれか。

機密性を重視する場合はプロジェクトメンバを限定した会議を開催する,効率性を重視する場合は電子メールの同報機能を利用するなど,コミュニケーションする情報に応じて方法を選択すべきである。
緊急性や機密性よりも効率性を重視し,常に電子メールや電子掲示板などのコミュニケーション方法を使用すべきである。
公平性を維持するために,プロジェクト外部のステークホルダとプロジェクトメンバに対して常に同じ方法,同じ資料を用いてコミュニケーションを取る必要がある。
プロジェクトメンバに情報を発信する場合は,情報を受け取る義務がプロジェクトメンバにあるので,情報を受け取ったことを確認する必要はない。

マネジメント系 (354)

システム開発プロジェクトにおけるステークホルダに関する記述のうち,適切なものはどれか。

システム開発プロジェクトに参画するプロジェクトチームのメンバはステークホルダである。
システム開発プロジェクトの実行又は完了によって,売上の増加やシステム化による作業効率向上などの恩恵を受ける人及び組織だけがステークホルダである。
システム開発プロジェクトの費用を負担するプロジェクトスポンサだけがステークホルダである。
システム開発プロジェクトのプロジェクトマネージヤ自身はステークホルダに含まれない。

マネジメント系 (451)

ITガバナンスの説明として,最も適切なものはどれか。

企業が競争優位性の構築を目的としてIT戦略の策定及び実行をコントロールし,あるべき方向へと導く組織能力
事業のニーズを満たす良質のITサービスを実施及び管理すること
情報システムに関わるリスクのコントロールが適切に整備・運用されているかを,当事者及び管理者とは別の第三者が検証する活動
プロジェクトの要求事項を満たすために,必要な知識,スキル,ツール及び技法をプロジェクトの活動に適用すること

ストラテジ系 (133)

POSシステムやSCMシステムにJANコードを採用するメリットとして,適切なものはどれか。

ICタグでの利用を前提に作成されたコードなので,ICタグの性能を生かしたシステムを構築することができる。
画像を表現することが可能なので,商品画像と連動したシステムへの対応が可能となる。
企業間でのコードの重複がなく,コードの一意性が担保されているので,自社のシステムで多くの企業の商品を取り扱うことが容易である。
商品を表すコードの長さを企業が任意に設定できるので,新商品の発売や既存商品の改廃への対応が容易である。

テクノロジ系 (363)

フィッシングの説明として,適切なものはどれか。

ウイルスに感染しているPCへ攻撃者がネットワークを利用して指令を送り,不正なプログラムを実行させること
金融機関などからの電子メールを装い,偽サイトに誘導して暗証番号やクレジットカード番号などを不正に取得すること
パスワードに使われそうな文字列を網羅した辞書のデータを使用してパスワードを割り出すこと
複数のコンピュータから攻撃対象のサーバヘ大量のパケットを送信し,サーバの機能を停止させること

正答

マネジメント系 (248)
マネジメント系 (354)
マネジメント系 (451)
ストラテジ系 (133)
テクノロジ系 (363)