第二種電気工事士 自主練 2018年11月11日

第二種電気工事士 自主練 2018年11月11日

一般問題 (176)

直読式接地抵抗計(アースデスク)を使用して直読で接地抵抗を測定する場合,補助接地極(2箇所)の配置として,適切なものは。

被測定接地極を端とし,一直線上に2箇所の補助接地極を順次1m程度離して配置する。
被測定接地極を中央にして,左右一直線上に補助接地極を5m程度離して配置する。
被測定接地極を端とし,一直線上に2箇所の補助接地極を順次10m程度離して配置する。
被測定接地極と2箇所の補助接地極を相互に5m程度離して正三角形に配置する。

一般問題 (53)

A, B 2本の同材質の銅線がある。Aは直径1.6 mm, 長さ20 m, Bは直径3.2 mm,長さ40mである。Aの抵抗はBの抵抗の何倍か。

2
3
4
5

一般問題 (169)

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形1.6 mmを使用した低圧屋内配線工事で,絶縁電線相互の終端接続部分の絶縁処理として,不適切なものは。
ただし,ビニルテープはJISに定める厚さ約0.2 mmの絶縁テープとする。

リングスリーブにより接続し,接続部分を自己融着[生絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半蔀i以上傲れて1回(2層)巻き,更に保護テープ(厚さ約02 mm)を判冨以上重ねて1回(2層)巻いた。
リングスリーブにより接続し,接続部分を黒色粘着壯ポリエチレン絶縁テープ(厚さ約0.5mm)で半幅以上重ねて2回(4層)巻いた。
リングスリーブにより接続し,接続部分をビニルテープで半幅以上重ねて1回(2層)巻いた。
差込形コネクタにより接続し,接続部分をビニルテープで巻かなかった。

一般問題 (204)

図のような交流回路で,電源電圧102 V,抵抗の両端の電圧が90 V,リアクタンスの両端の電圧が48Vであるとき,負荷の力率[%]は。

47
69
88
96

配線図 (133)

③で示す図記号の名称は。

配線図

位置表示灯を内蔵する点滅器
確認表示灯を内蔵する点滅器
遅延スイッチ
熱線式自動スイッチ

正答

一般問題 (176)
一般問題 (53)
一般問題 (169)
一般問題 (204)
配線図 (133)