介護福祉士 自主練 2018年10月06日

介護福祉士 自主練 2018年10月06日

障害の理解 (578)

免疫力が低下したHIV(human immunodeficiency virus)感染者の生活上の留意点に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

火を通さない生ものを積極的に摂取する。
他者の皮膚に直接手で触れることは避ける。
びらんを防ぐために、肛門周囲(こうもんしゅうい)を清潔に保つ。
日和見感染(ひよりみかんせん)を防ぐために、日光に当たらない。
口腔内出血(こうくうないしゅっけつ)を防ぐために、口腔(こうくう)ケアは行わない。

コミュニケーション技術 (526)

 次の事例を読んで答えなさい。
 〔事 例〕
 Fさん(80歳、女性)は2週間前に、リハビリテーション病院から介護老人保健施設に入所した。脳梗塞(のうこうそく)(cerebral infarction)の後遺症のため、構音障害と嚥下障害(えんげしょうがい)がある。また、よだれが流れて衣服が濡(ぬ)れてしまうことが多い。食事は、とろみをつけた刻み食を1人で摂取できるが、むせることが多い。
 介護職がFさんに、「何を食べたいですか」と尋ねると、「おいうをあえあい」(「お肉を食べたい」の意味)という不明瞭(ふめいりょう)な発話が返ってきた。
Fさんが「おいうをあえあい」と話した時の介護職の対応として、最も適切なもの1つ選びなさい。

「正確に言い直してください」と促す。
「おにく」と自分が聞き取れた通りに繰り返す。
「口の体操をしましょう」と促す。
「よだれを拭(ふ)いてください」とタオルを渡す。
「言いたいことをすべて書いてください」と言う。

介護の基本 (274)

通所介護(デイサービス)に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

事業者による非常災害対策訓練の実施は、任意である。
事業者は、正当な理由なくサービスの提供を拒んではならない。
サービスの内容等を記載した通所介護計画の作成は、任意である。
短期入所生活介護と訪問介護(ホームヘルプサービス)を組み合わせなければならない。
日常生活の自立を助けるために、専門職による理学療法や作業療法を行わなければならない。

生活支援技術 (160)

自立支援の説明として、最も適切なもの1つ選びなさい。

対象者は、介護保険の要介護3以上の人に限られること
対象者は、意思表示のできる人に限られること
ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)を回復すること
経済的自立を目指すこと
自己選択・自己決定を支援すること

生活支援技術 (549)

施設での終末期介護に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

マッサージや好きな音楽の鑑賞は、疼痛(とうつう)や不安の緩和に有効である。
死への恐怖を訴えた場合、それを否定する。
清拭(せいしき)を家族が行うことは避ける。
食事はカロリー摂取に重点を置く。
使用薬剤の特徴は把握しなくてもよい。

正答

障害の理解 (578)
コミュニケーション技術 (526)
介護の基本 (274)
生活支援技術 (160)
生活支援技術 (549)