3級FP 自主練 2018年10月03日

3級FP 自主練 2018年10月03日

ライフプランニングと資金計画 (122)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングにあたって個人顧客のバランスシートを作成する場合、バランスシートに計上する有価証券の価額については時価、生命保険については作成時点の解約返戻金相当額を使用する。

ライフプランニングと資金計画 (33)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
老齢厚生年金に加給年金額が加算されるためには、受給権者白身の厚生年金保険の被保険者期間の月数が原則として(   )以上なければならない。
1) 240月
2) 300月
3) 480月

1
2
3

リスク管理 (157)

(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1)~3)のなかから選びなさい。
養老保険の福利厚生プランでは、契約者(=保険料負担者)および満期保険金受取入を法人、被保険者を( ① )、死亡保険金受取人を被保険者の遺族とすることにより、支払保険料の( ② )を福利厚生費として損金に算入することができる。
1)① 役員全員          ② 2分の1相当額
2)① 役員および従業員全員 ② 2分の1相当額
3)① 従業員全員        ② 全額

1
2
3

相続・事業継承 (329)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
平成29年中に開始しか相続において、相続人が被相続人の配偶者と子2人の計3人である場合、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額は、8,000万円である。

相続・事業継承 (270)

正しいものまたは適切なものには〇を、誤っているものまたは不適切なものには×を選択しなさい。
特定居住用宅地等に係る「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用対象面積は、200mまでの部分である。

正答

ライフプランニングと資金計画 (122)
ライフプランニングと資金計画 (33)
リスク管理 (157)
相続・事業継承 (329) ×
相続・事業継承 (270) ×