第二種電気工事士 自主練 2018年09月28日

第二種電気工事士 自主練 2018年09月28日

一般問題 (122)

低圧屋内配線の金属可とう電線管工事として,不適切なものは。
ただし,管は2種金属製可とう電線管を使用するものとする。

管と金属管(鋼製電線管)との接続にTSカップリングを使用した。
管相互及び管とボックスとは,堅ろうにかつ,電気的に完全に接続した。
管内に600Vビニル絶縁電線を収めた。
管とボックスとの接続にストレートボックスコネクタを使用した。

一般問題 (174)

一般用電気工作物の低圧屋内配線工事が完了したときの検査で,一般に行われていないものは。

絶縁耐力試験
絶縁抵抗の測定
接地抵抗の測定
目視点検

配線図 (186)

⑥で示す図記号の名称は。

配線図

シーリング(天井直付)
埋込器具
シャンテリヤ
ペンダント

一般問題 (112)

組み合わせて使用する機器で,その組合せとして,明らかに誤っているものは。

光電式自動点滅器と庭園灯
零相変流器と漏電警報器
ネオン変圧器と高圧水銀灯
スターデルタ始動器と一般用低圧三相かご形誘導電動機

一般問題 (79)

電気工事士法において,一般用電気工作物に係る工事の作業でa,bともに電気工事士でなければ従事できないものは。

a:配電盤を造営材に取り付ける。
b:電線管を曲げる。
a:地中電線用の管を設置する。
b:定格電圧240 V の電力量計を取り付ける。
a:電線を支持する柱を設置する。
b:電線管に電線を収める。
a:接地極を地面に埋設する。
b:定格電圧125 V の差込み接続器にコードを接続する。

正答

一般問題 (122)
一般問題 (174)
配線図 (186)
一般問題 (112)
一般問題 (79)