第二種電気工事士 自主練 2018年09月25日

第二種電気工事士 自主練 2018年09月25日

一般問題 (30)

一般用電気工作物に関する記述として,誤っているものは。

低圧で受電するものであっても,出力60 kW の太陽電池発電設備を同一構  内に施設した場合,一般用電気工作物とならない。
低圧で受電するものは,小出力発電設備を同一構内に施設しても一般用電気工作物となる。
低圧で受電するものであっても,火薬類を製造する事業場など,設置する場所によっては一般用電気工作物とならない。
高圧で受電するものは,受電電力の容量,需要場所の業種にかかわらず,すべて一般用電気工作物となる。

配線図 (234)

④で示す図記号の名称は。

配線図

ブザー
パイロットランプ
電磁開閉器用押しボタン
握り押しボタン

配線図 (38)

⑧で示す部分の接地工事の種類及びその接地抵抗の許容される最大値[Ω]の組合せとして,正しいものは。
なお,引込線の電源側には地絡遮断装置は設置されていない。

配線図

C種接地工事 10Ω
C種接地工事 50Ω
D種接地工事 100Ω
D種接地工事 500Ω

一般問題 (172)

使用電圧300 V以下の低圧屋内配線の工事方法として,不適切なものは。

金属可とう電線管工事で,より線(600Vビニル絶縁電線)を用いて,管内に接続部分を設けないで収めた。
フロアダクトエ事で,電線を分岐する場合,接続部分に十分な絶縁被覆を施し,かつ,接続部分を容易に点検できるようにして接続箱(ジャンクションボックス)に収めた。
金属ダクトエ事で,電線を分岐する場合,接続部分に十分な絶縁被覆を施し,かつ,接続部分を容易に点検できるようにしてダクトに収めた。
ライティングダクトエ事で,ダクトの終端部は閉そくしないで施設した。

配線図 (34)

④で示す部分は引掛形のコンセントである。その図記号の傍記表示は。

配線図

ET
EL
LK
T

正答

一般問題 (30)
配線図 (234)
配線図 (38)
一般問題 (172)
配線図 (34)