介護福祉士 自主練 2018年09月25日

介護福祉士 自主練 2018年09月25日

認知症の理解 (571)

認知症(dementia)において、意欲低下と同時に認められる症状として、適切なもの1つ選びなさい。

希死念慮
罪業感
幻覚
収集癖
無関心

介護過程 (555)

介護計画の評価に関する次の記述のうち、適切なもの1つ選びなさい。

責任者は、介護支援専門員(ケアマネジャー)である。
短期目標は、評価の際の基準になる。
利用者と家族の意見は参考にしない。
決められた日以外に行うことはない。
結果を重視して、実践課程は評価しない。

認知症の理解 (84)

在職中に若年性認知症(dementia with early onset)になった人の家族に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

子ども世代に与える心理的な影響が大きい。
子どもが若年性認知症(dementia with early onset)になる可能性が高い。
身体的機能に問題が認められないので、家族の介護負担は少ない。
家族の気づきによって早期発見されることが多い。
本人への病名の告知は家族が行う。

こころとからだのしくみ (100)

眼の症状とそれに関連が強い疾患の組合せとして、最も適切なもの1つ選びなさい。

眼球が痛くなる:加齢黄斑変性症(age-related macular degeneration)
近いところが見えにくい:緑内障(glaucoma)
結膜が充血する:流行性角結膜炎(epidemic keratoconjunctivitis)
硝子体が白くなる:白内障(cataract)
目やにが増える:糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy)

生活支援技術 (535)

ボディメカニクスを活用したベッド上の移動介護に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

臥位(がい)から座位への介護では、利用者の腰部を支点にする。
介護職の重心と利用者の重心との距離は、離れている方が良い。
利用者の身体とベッドの接する面積を狭くする。
水平移動では、介護職はベッドの端に両肘(りょうひじ)をつける。
腰痛予防のため、介護職は主に腕の筋力を活用する。

正答

認知症の理解 (571)
介護過程 (555)
認知症の理解 (84)
こころとからだのしくみ (100)
生活支援技術 (535)