介護福祉士 自主練 2018年08月16日

介護福祉士 自主練 2018年08月16日

介護の基本 (151)

介護福祉職の腰痛予防に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

介護中の姿勢は中腰を基本とする。
1年ごとに定期健診を受ける。
勤務時間内は、全員が一律にコルセットを着用する。
静的ストレッチングが効果的である。
移乗や移動の支援は、利用者を抱えて行う。

介護過程 (66)

Eさんは認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居している。廊下を頻繁に歩き、他の利用者の部屋に入ってはトラブルになりかけている。介護福祉職が声をかけると、「私には行くところがある」と怒鳴る。
 Eさんのアセスメント(assessment)に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

怒鳴られた介護福祉職の気持ちを情報として活用する。
「廊下を頻繁に歩かないこと」を生活課題に設定する。
他の利用者とトラブルになりかけている情報は不要と判断する。
「私には行くところがある」という言葉を解釈する。
言動から短気な性格だと考えて分析する。

こころとからだのしくみ (230)

感染を起こしていない皮膚の創傷治癒を促す方法として、最も適切なもの1つ選びなさい。

乾燥
消毒
マッサージ
湿潤
加圧

発達と老化の理解 (558)

高齢者の年齢に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。
(注) 「高齢者虐待防止法(こうれいしゃぎゃくたいぼうしほう)とは」「高齢者虐待(こうれいしゃぎゃくたい)の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」のことである。

高齢社会とは、全人口に占める70歳以上の人口の割合が14%以上の社会をいう。
後期高齢者とは、75歳以上の高齢者をいう。
普通自動車対応免許を有する65歳以上の者は、その運転する自動車に指定の標識をつける義務が生じる。
介護保険制度で第2号被保険者になる年齢は、65歳以上である。
「高齢者虐待防止法(こうれいしゃぎゃくたいぼうしほう)」では、60歳以上を高齢者としている。

こころとからだのしくみ (471)

誤嚥(ごえん)を防止している部位として、正しいもの1つ選びなさい。

甲状軟骨
口蓋垂(こうがいすい)
喉頭蓋(こうとうがい)
口蓋扁桃(こうがいへんとう)
食道

正答

介護の基本 (151)
介護過程 (66)
こころとからだのしくみ (230)
発達と老化の理解 (558)
こころとからだのしくみ (471)